皮膚科で行うワキガ治療の種類と方法

MENU

皮膚科で行う治療の種類と方法について

皮膚科で行うワキガの治療方法はいくつかありますので、どのような効果や特徴があるのか手術前に理解しておきましょう。

 

皮膚科で行う治療の種類と方法について

皮膚科の治療方法は

  • 切除法
  • 剪除法
  • 皮下組織削除法

主な3つの方法について見ていきたいと思います。

 

再発の可能性が低い切除法の方法について

皮膚科で行うワキガ手術には直視下手術法と非直視下手術法があります。重度のワキガ治療に向いている方法に切除法がありますが、この手術はワキガ原因となるアポクリン汗腺を取り除く手法です。

 

ワキの皮膚を切開し汗腺を取り除くため、再発しにくい点が特徴ですが医師の技術によりしっかり効果がでない場合もあるようです。術後の回復やアフターケアなどで何度か通院も必要になりますので、病院を選ぶ際は通いやすい点なども重視するとよいでしょう。

 

重度のワキガに効果がある剪除法について

ワキガの手術方法はアポクリン腺を取り除く切除法に対して、ハサミのような器具を使いアポクリン汗腺をかきだす方法があります。この手術は強烈なワキガの人に向いているため、しっかり病院で治したい人に人気があります。

 

この手術は皮脂腺まで取り除けるため効果が高く、熟練の医師ならばかなり効果も期待できますし安全性も高いのでオススメです。手術痕は1㎝ほど残ってしまい、入院が必要になる場合がありますのでご注意ください。

 

病院でワキガの手術をすれば効果は期待できますが、完治するとは限らないためリスクを抱えてまでも治療を受けるかどうかは冷静に判断したいですね。

 

中度のワキガ治療に効果がある皮下組織削除法

ワキガの度合いは個人差がありますので、症状により自分に合った手術法を選ぶ点が重要ですね。中度のワキガの場合に行われる手術で、皮下組織削除法と呼ばれる方法があります。

 

この手術は特殊な機械を使ってアポクリン腺をかきだすのですが、通院や入院が必要になることもあり治療痕も残るので、後々肌の黒ずみが気になるような場合もあります。

 

もうひとつの皮下組織吸引方法は、吸引機のような特殊な器具を使いアポクリン汗腺を吸い上げる方法です。手術ではワキの下に数ミリ程度の小さな穴をあけて、そのなかに細い管を通し汗腺を吸引するのですが、最後の縫合するため傷跡が残ります。

 

しかし切開する手術とは異なり、手術痕は目立たない点がメリットになりますので女性のワキガ対策としてもオススメです。皮下組織吸引法は完全に汗腺を取り除けない、また皮膚や肌の細胞にダメージを与えるなど負担が多い点も注意しないといけませんね。

関連ページ

病院での治療が必要かどうか判断する方法
ワキガのにおいはとても不快で人にも迷惑になりますが、意外と気が付かないのが自分のにおいの度合いですよね。気が付いた時にはすでにワキガが強烈で簡単に改善できない場合もあります。ワキガは病院で治療を受けられるため、本格的に治したい方は手術をするのも改善策の一つですよね。では病院に行くべきかどうか、判断するためのポイントを見ていきたいと思います。
治療にはいくらぐらい費用がかかるのか
ワキガの治療を受けるには費用がかかります。病院やクリニックによって異なりますが、どれぐらいの費用が必要か一般的な相場について見ていきたいと思います。
皮膚を切らずにできるワキガ治療について
ワキガの手術と聞くと皮膚を切る大がかりな手術が想像されます。しかし傷跡が残り回復までに時間がかかるのは患者さんにとっても負担になりますよね。最近では美容外科クリニックでのワキガ治療がとても話題になっていますが、魅力となる切開しない手術方法について早速見ていきたいと思います。
手術の流れとアフターケアについて
ワキガの手術を経験した人は、周囲を探してもそれほど多くないですよね。ワキガの悩みは人に言えない為、内緒で手術をしている人もいるかもしれません。ではワキガの手術とはどのように行うのか、一般的な流れについて見ていきたいと思います。
このページの先頭へ